沿革

1983
  • 社名「近畿ケーブルテレビジョン株式会社」を資本金1030万円で発起設立する。
1992
  • 郵政大臣から第24016号「有線テレビジョン放送施設設置許可」を受ける。
  • 「名張二十一世紀ケーブルテレビジョン株式会社」に社名を変更する。
  • 資本金を現在の4億9000万円に増資する。(名張市の出資を受けて第三セクター化)
  • 第1期エリアを開局する。
1993
  • 第2期エリアを開局する。
1994
  • 第3期エリアを開局する。
1997
  • 郵政大臣から第163号「第一種電気通信事業許可」を受ける。
1998
  • インターネット接続サービスを開始する。
2000
  • 第4期エリア・第5期エリアを開局、三重県下CATV9局のネットワークが完成する。
2001
  • 名賀郡青山町(現在の伊賀市)から出資を受ける。
  • 第6期エリア(伊賀市旧青山地域)を開局、既設改修工事を完了する。
2002
  • 国際標準品質規格ISO9001を全国のケーブルテレビ局で初めて認証取得する。
2003
  • 第7期エリア(伊賀市旧青山町)を開局する。
  • パススルー方式による地上デジタル放送サービスを開始する。
2004
  • 「株式会社アドバンスコープ」に社名を変更する。
  • FTTH「100Mひかりプラン」第一期エリアを開設する。
  • 伊賀市行政チャンネルの放送を開始する。
2005
  • 本社社屋を名張市箕曲中村18番地の2に移転する。
  • ホスティング・ハウジングサービスを開始する。
  • 「フルデジタルサービス」を開始する。
  • 情報誌を発刊する。
2006
  • 総務大臣から、海放第4586号「コミュニティ放送免許」を交付される。「FMなばり」を開局する。
  • 国際規格ISO/IEC 15001(プライバシーマーク)を認証取得する。
  • 世界初「160M光ハイブリッドプラン」の商用サービスを開始する。
  • FTTH「100Mひかりプラン」第二期エリアを開設する。
2007
  • 名張市と「災害等の緊急放送に関する協定」を締結する。
2008
  • 緊急地震速報サービスを開始する。
  • 国際規格ISO/IEC 27001(ISMS情報セキュリティマネジメントシステム)を認証取得する。
  • 固定電話サービス「ケーブルプラス電話」を開始する。
2010
  • FTTHサービス「超ひかり」第三期エリアを開設する。
2011
  • 名張近鉄ガス株式会社との共同出資会社「株式会社ソバーニ」を設立する。
  • アナログ放送サービスを終了する。
2012
  • FTTHサービス「超ひかり」第四期エリアを開設する。(FTTHサービスの全域化が完了する。)
  • ポータルサイト「nava WEB」を開設する。
2014
  • 「スマートTVBOX」のサービスを開始する。
2015
  • 固定電話サービス「ケーブルライン」を開始する。
  • FMなばり新スタジオを開設する。
2016
  • ケーブルスマホの販売を開始する。
2017
  • 海基第2275973号「特定無線局(地域BWA無線) 局免許」を受ける。
  • 「ケーブルスマホ鴻之台店」をオープンする。
2018
  • 動画コンテンツサイト「ads.navi」 adsCAM ads.Liveview 運用開始

戻る