アドバンスコープ緊急地震速報サービス

テレビをつけていなくても24時間スタンバイ!

月額315円 安心をプラス

揺れがくる前に、地震の発生をお知らせします。

地震波にはP波(初期微動)とS波(主要動)があります。最初にP波が伝わり、次に強い揺れのS波が伝わります。地震による被害のほとんどはS波によってもたらされます。このP波とS波の速度の差を利用し、大きな揺れ(S波)が到達する前に、予測震度と予測到達時間をお知らせします。

図

いつ起こるかわからない大地震

地震規模・発生確率評価

  地震規模(マグニチュード) 30年以内に地震が起こる確率
東海地震 M8.0程度 87%
東南海地震 M8.1前後 60~70%程度
南海地震 M8.4前後 50%程度

ご利用料金(税込価格)

科目 料金
初期費用 登録手数料 サービス開始特別価格 2,000円(税込2,160円)
再登録手数料(譲渡) サービス開始特別価格 2,000円(税込2,160円)
専用端末販売価格
(利用者の資産)
親機1台 13,000円(税込14,040円)
子機1台 9,000円(税込9,720円)
月額利用料金 回線使用料 0円
情報提供料 300円(税込324円)

※価格は税込価格となります。

※アドバンスコープ各種サービス価格表示の無断転載を固く禁じます。

注意事項

  • 本サービスをご利用いただくには、テレビサービスのいずれかへのご加入が必要です。
  • 直下型など震源に近い地震の場合、効果的に動作しない場合があります。
  • 地震以外の要因(事故・落雷など)により、誤報の場合があります。
  • 本サービスは震度2以上の地震予報に対し発報いたします。
  • 震度・猶予期間の予測数値に誤差が生じる場合があります。
  • 子機端末はオプション設定となっております。
  • 子機端末のみのお申し込みはできません。
  • 登録手数料は、受信端末(親機)の台数に比例するものとなり、子機端末の台数には反映されません。
  • 月額利用料は、受信端末(親機)の台数に比例するものとなり、子機端末の台数には反映されません。

利用規約

※PDFファイルをご覧になれない方は、サイトのご利用の前にをご覧ください。

戻る